和尚さんの水飴

老後の前のハッピーアワー

不自由を選ぶ自由

そうだ京都、行こう

就活生の娘が最終面接のため京都に行きました。ゴールデンウィーク前まで連戦連敗で落ち込んでいた娘にようやく風が吹き始めました。

 

面接は平日の午後。午前中に移動すれば十分間に合ったのですが、私は万が一のことを考え、娘に前泊するよう勧めました。初めての一人旅とは言え、面接して帰って来るだけですから親が心配する話でもありません。

 

すると、京都行の準備をしている娘の脇で、妻が自分も一緒に行きたいと言い出しました。抗がん剤の副作用の治まった今なら問題無いと思ったのでしょう。

 

確かに体調に問題無くても、娘の就活に親がついて行くのはどうかと私は妻に言ったのですが、それが無駄であることは良く分かっていました。決して過保護などでは無く、自分も小旅行を楽しみたいだけ。自分の子を“出し”に使う親。一人旅が不安だった娘。利害が一致しました。

 

「そうだ京都、行こう」。思い立ったが吉日の親子旅行は私の知らないうちに三泊四日に延ばされ、金曜日の夜遅くに、旅の高揚感に包まれたまま母娘は帰ってきました。最終面接の結果はまだ届いていませんが、娘にとっては – そして、母親にとっても - 思い出深い旅になったのでは、と私は勝手に想像しています。

 

不自由を選ぶ自由

実は妻も連休前から沈みがちでした。ここまでの抗がん剤治療は、主治医の先生曰く「期待していた効果が得られず」、妻はつらい治療の甲斐が無かったのかと落ち込んでしまいました。

 

結局、先生とも相談の上、別の抗がん剤を使って治療を継続することになりましたが、妻にとっては先が見えない治療を続けることに不安と苛立ちを抱いていることは想像に難くありません。

 

そう言う意味でも、娘の京都行に同行しようと思ったのは、無案内な土地に娘を一人で行かせたくないと言う親心以上に自分自身の気分転換が大きな動機だったのではないかと感じました。

 

コロナ禍の中での旅行に不安が無いかと言えば、妻よりも私の方が心配になりますが、連休後で人出もそれほど多くは無いだろうと考え妻の好きにさせました。

 

結果として、妻にとっては久しぶりの京都旅行は良い気晴らしとなったようですが、私としては、これまでの二年余りの間の自粛生活が果たして正しかったのだろうかと自問を繰り返していました。

 

治療中の妻には、体に障るからと、遠出や旅行は先の楽しみに取っておくように言い、私自身も基本的には家の中で小ぢんまりとした生活を続けてきました。

 

閉塞感や不自由を覚えながらの自粛生活は、背後で静かになり続けるノイズのような不快なものでしたが、それは、誰かに強要されたものでは無く自ら選んだ道でした。誰も私の体を縛りつけたりしていないのに、鍵のかかった部屋に閉じ込めたりしているわけでも無いのに、私が勝手に不自由だと文句を言っていただけだったのでした。

 

もちろん、感染予防には細心の注意を払う必要はあります。治療中の妻は人よりも免疫力が低下しているため、新型コロナは当然のことながら、通常の風邪にも気をつけなければなりませんし、怪我にも注意が必要です。

 

だから余計なことはしない。外出は控える ‐ そのようにしてリスクを低減させることだけを考えて、謳歌できる自由を捨ていたのです。

 

今度は落ち着いて

妻と京都に旅行したのは、もう4年以上前、知人のお見舞いに訪れたときでした。知人は京都には縁もゆかりも無い人でしたが、奥様の強い要望もあり、終の棲家をその地に求めました。この時は娘たちを家に残して来ていたので旅行を楽しむ時間はありませんでしたが、せっかくだからと一泊だけしました。

 

その夜は、先斗町の串揚げのお店で夫婦水入らずの食事を楽しんだのですが、鴨川の夜景を眺めながら他愛も無い話に興じていると、後から入ってきた隣の席のカップルが喧嘩を始めました。二人とも私たちよりもずっと若く見えました。

 

他人の痴話喧嘩に聞き耳を立てるような趣味はありませんでしたが、嫌でも聞こえてくる女性の大きな声。結婚を前提としたお付き合いなのでしょう。いつ自分の両親に会ってくれるのかと急かす女性。対する男性は、店内の目を気にしてぼそぼそと小声で女性を宥めようとしている風でした。たぶん、この店に来るまでの間も同じ話をしていたのだと察しました。

 

次第にヒートアップする二人のやり取りに、店内のお客さんが気づかないわけはありませんが、だれもが耳をそばだてていることを悟られいようそれぞれの会話楽しんでいる振りをしていたのだと思います。

 

そんな状態が10分か20分続いたでしょうか。店員さんが料理を運んできたのをきっかけに、カップルの声がようやく収まりました。私の方に向けて胸を撫で下ろすジェスチャーをする妻。

 

女性はようやく、その場の雰囲気に気がついたように、今度は小声で – でも、私たちには聞こえていましたが – ここに書くのは憚られる罵詈雑言を男性にぶつけてお店を出て行きました。男性はその後を慌てて追いかけたのですが、最後、お店のドアの前で、その場にいるお客さんやお店のスタッフに「お騒がせしました」と深々と頭を下げたのでした。

 

妻と娘から京都での土産話を聞いていた私でしたが、あの先斗町での出来事のインパクトが強過ぎて、つい頭の中はそのことで占領されてしまいました。妻にその話を振ると、「今度は落ち着いて食事がしたいわね」と一言。出来るだけ早くにその機会を作ろうと私は思いました。

生きがいに費やす時間

やりがい探し

仕事を続ける上で、やりがいや張り合いと言ったモチベーションは欠かせないものです。私は、職場での人間関係の悩みや担当業務のミスマッチなどが無いにも拘わらず、仕事の意欲を喪失してしまった社員を何人か見たことがありましたが、仕事に対する動機付けが上手く出来ないことが大きな理由の一つのような気がします。

 

目の前の仕事だけに追われていると、果たして自分のやっていることが役に立っているのか、適正に評価されているのか、と他者の反応ばかりが気になってしまうことがありますが、そのような承認欲求の沼に嵌まってしまうと、上司や同僚に認めてもらうことが目的になってしまい、本来の仕事の意義を見失う結果となります。

 

以前、何社か転職を経験した後に私の勤め先に入社した中堅社員がいましたが、彼は仕事を楽しいと感じたことが無いと言いました。私は彼に仕事以外に没頭できるものは無いのか尋ねましたが、俯いたままの彼の口からは何の答えも返ってきませんでした。

 

私は、お金を稼ぐことを仕事に取り組む原動力にすることを否定しません。仕事以外の目標があってそのための資金調達の手段として仕事をする、と言うのも立派なことだと考えます。私が件の彼に仕事以外に没頭できるものを尋ねたのもそれを聞きたかったからでした。

 

仕事自体にやりがいを求めなくても、別に大きな目標があるのなら、仕事はそのための手段と割り切っても良いと思います。それによって仕事で成果を上げられるのであれば、誰も文句は言わないでしょう。

 

ただし、“お金を稼ぐため”と言うのが仕事を続けて行くための立派なモチベーションだとしても、採用面接の志望理由で“お金のため”と答えたらほぼ間違い無くお祈りメールを受け取ることになるでしょう。会社はそのような生々しい答えなど期待はしていませんし、むしろ、就労条件は二の次で、仕事にやりがいを感じてくれる就活生の方が好ましいと考えている会社がほとんどではないでしょうか。

 

有り余る時間

自分のやりたいことを仕事にして一生現役として過ごす人や、芸術家のように趣味と実益を兼ね備えている人にとっては、やりがいの延長線上に収入があるわけで、おそらく一生暮らして行くのに十分な蓄えが得られた後でさえ、自分の仕事を手放すことは無いのでしょう。もっと言えば、自分の活動を仕事と捉えていないかもしれません。やりたいことをやって食べて行ける人は素敵だと思います。

 

翻って、私のような会社員は、ある日肩書を外され、そして、ある日会社員ですら無くなってしまうことが入社した時から決まっています。もちろん、中には経営陣の仲間入りを果たす人もいますが、それでも、遅かれ早かれ、いつか“普通のおじさん”や“普通のおばさん”に戻る日が来るのです。

 

新聞等で、働ける間は働くことを推奨するような記事もよく目にしますが、そこに生きがいを見出せるのであれば素晴らしいことです。

 

以前私の部で、再雇用嘱託の期間を満了して完全リタイアを迎えた先輩がいましたが、私や人事部に、もう少し働かせてほしいと泣きつかれたことがありました。

 

私が説得役となり、ご本人を宥めすかしてなんとか納得してもらいましたが、その先輩は夢中になれる趣味も無く、一日をどう過ごせば良いのか分からないと真剣な面持ちで悩みを告白しました。

 

その先輩がどれほど仕事に生きがいを感じていたかは分かりません。自分の居場所を求めていただけかもしれません。会社員として覚悟しておかなければならないのは、いつかは会社から追い出されることです。その時に別の生きがいが無かったとしたら、茫洋とした時間の中に置き去りにされることとなります。

 

それとは反対に、60歳の定年退職後に絵画の道へ進んだ先輩もいました。こちらは今まで芸術とは無縁だった方でしたが、芸術大学を目指すお嬢さんのために家の一部をアトリエにリフォームした後、いつかは自分もキャンバスに筆を走らせたいと思っていたのだそうです。

 

私はまだリタイアまでしばらく猶予がありますが、自分の自由に出来る時間には困らなくなるだろうと言うことは想像出来ます。

 

今さらながら感じるのは、人生のいくつかのステージで、生きることを楽しむための条件が全て整う時期はとても限られていると言うことです。

 

お金と時間。体力を持て余していた頃にはお金が無いことで苦労し、生活に余裕が出て来た頃には仕事に追われ時間が無く、漸く役割の義務から解放されて自由な時間が手に入ります。

 

老後生活はあっという間に終わってしまうか、それとも数十年続くか、予想出来るものではありませんが、それが人生終盤のボーナスステージだとするならば、存分に自分の時間を楽しむための準備を抜かりなくしておきたいものです。

余計な一言

退任

先日、私の勤め先の決算発表と役員候補者が発表となりました。私の元上司の役員は退任となりました。

私が役職を下りることを申し出た時、のらりくらりとはぐらかす様な態度をしばらく続けていたのですが、それは、私の後任探しが面倒なだけだったのか、あるいは、自らの手で私を干す機会を逃すことを残念と感じたのか - 今となってはどうでも良いことなのですが、そんなどうでも良いことに限ってふとした拍子に頭に浮かんできます。いずれにしても、当時、上司との軋轢は深まる一方でしたので、もし、私が役職を下りるような状況に無くても、あの上司の下で働いていたなら今頃は仕事を干されて閑職に飛ばされていたことは間違い無かったことでしょう。

 

元上司は異常なまでに自らの評判を気にする人でした。所管する事業の業績が悪化した時、その打開策の検討に腐心するよりも、社内のプレゼンスが低下することを殊のほか気にしていました。

 

上に対しては悪い話ほど早め早めに伝えておくべきなのですが、元上司はそれが出来ませんでした。会社の経営では無く自らの保身に執着する姿勢。それを一昨年交代した新社長に見透かされてしまったのかもしれません。

 

いずれにしても、元上司は役員の中ではまだ“若手”だったので、本人はまさか自分が退任させられるとは想像していなかったことでしょう。

 

上昇志向が高く、人一倍自分の評価を気にしている人でしたが、その裏返しとして他人を評価したがる人でもありました。打合せの最中に、本題とは無関係の役員や他の部署の幹部社員の名前を挙げては、あまり評判が良くないとか、上司との折り合いが悪いなどと噂をまき散らすのが好きでした。

 

私は一度ならず元上司に他人の評判を軽々しく口にすることを諫めてきましたが、最後まで悪い癖は治りませんでした。それどころか、態度が気に喰わない私に対しては事あるごとに評価を恫喝の材料にしていました。

 

もっとも、私のような干されたり拾われたりを繰り返して来た人間にとっては、人事考課は脅しにはなりません。元上司からすれば、私のような自分と価値観の違う人間は気味の悪い存在だったことでしょう。

 

役員の異動が公表された後、なぜか部長から私宛に労いのメールが送られてきました。私が“まき散らした”わけではありませんが、元上司と私との不仲は社内でも知る人ぞ知る話でした。私が役職を下りてその後介護休業で仕事を離れたことも、どこでどのように話がすり替わったのかは知りませんが、降格させられて休職の一歩手前だったと言う噂が流れていました。

 

どこの世界でも人の噂、特に悪い噂は格好の暇つぶしの話題になります。根も葉も無い噂ですが、それを楽しむ人間は存分に楽しめば良いだけの話です。

 

余計な一言

部長の労いメールには、自分もこの一年あまり苦労して来たことと、私と折り合いの悪かった元上司が退いたことで、私の溜飲が下がったのではと言った内容が書かれていました。私にそんなメールを寄越して来たのは、余程伝えたい気持ちが強かったのでしょうが、仕事が忙しいと言っている割には随分とぜいたくな時間の使い方をしているものだと思いました。

 

私はその手のメールには滅多に反応しないのですが、見当違いである旨の短いメールを返しました。

 

私は元上司が役員を退任したことについて慰労の気持ちは無いものの、嘲弄するような気にもなりませんでした。私は役職が下りた日から元上司とは顔も合わせていません。それまでに嫌な思いをしてきたことはありましたが、上下関係が終わればそれまでです。過去のことをいつまでも根に持つほど時間を持て余しているわけではありません。

 

部長が、自分と同様に“留飲を下げた”人間と喜びを分かち合いたかったのだとしたら、それは良い趣味とは言えません。自分の苦手な相手に対しては成功を祈ることは出来ないにしても、失敗を期待することもしてはならないのだと思います。他人の不幸を見ても自分が幸せになるわけでは無いのですから。

 

むしろ、部長のメールは、私にとってはすでに割り切った過去ことをほじくり返すだけの、余計な一言以上の意味を持ちませんでした。

 

世の中には言わなくてもいいことが山ほどあります。誰かに伝えても仕方の無いこと、かえって相手を不快にさせることがあるのです。そんな余計な一言は自分の心の中にそっと仕舞っておくべきなのです。