和尚さんの水飴

老後の前のハッピーアワー

記憶のささくれ

f:id:lambamirstan:20191026045002j:plain

つらい経験からの逃避

私は中年の域に差しかかるまで、嫌なことは早く忘れよう、気持ちを切り替えて前に進もうと意識していました。くよくよ悩むことは時間の無駄だと考えていたのです。

 

しかし、忘れようにも、負の経験をした時の相手の心無い言動や周囲の冷たい視線など、様々な情景が浮かんでくると、じっとしていられないほどの怒りや不快感を覚えることがありました。

 

結局は、思い出したくもない出来事にふたをしたり、逃避を試みたりしても、“無し”には出来ないのです。自分にとって嫌な経験ほど、大きく重いふたが必要になるのですが、いつか自分の方がふたの重みに耐えられなくなってしまう時がやって来ます。

 

自分が納得出来ていない結末やそれに伴う感情は忘れようにも忘れられません。ふたをして記憶の奥底に押し込んだつもりが、自分の意思とは関係無しに飛び出してくることがあります。到底逃げ切ることは叶わないのです。

 

感情を理解すること

逃げ切れないことが分かっていれば、受け止めるしかありません。つらい経験は身悶えするほどの痛みを伴うこともあるでしょうが、それを克服出来るのは自分以外にいないのです。負の経験は直視して、その存在を認めるしかないと言うことです。嫌な思い出をずっと引き摺って生きて行くのではなく、自分の財産として取り込んでしまうのです。

 

その当時の自分の中に湧き上がってきた感情と、それを思い返した時の自分の感情は同じものか、変わってきているのか。腸が煮えくり返る思いは何故消えないのか。反芻してもなお残る感情のしこりを、それでも理解しようと努めます。

 

怒りや憎しみ、自己嫌悪。心の中のどろどろしたものを消化できるのは自分しかいません。他の誰かが解決してくれるのを待つものではないのです。

 

知ったような口を利いている私でさえ、依然として不意に湧き上がる負の感情に出くわすことがあります。今は在宅勤務でほとんどの時間を家で過ごしているので、そうした悩みは非常にまれなものになっていますが、以前は、職場での誰かの他愛無い一言や、仕事の資料の一文など、何かをきっかけに負の感情が首をもたげることが時々ありました。

 

そのような負の感情に対しては、見ない振りをしたり逃げ回ったりするのでも無く、また、反対に立ち向かったりするのでも無く、誰かに責任転嫁もせず、自分を責めることもせず、あるがままに受け止めるようにしています。

 

ささくれの手当

「心がささくれ立つ」と言います。明らかに不機嫌だと分かるオーラを漂わせ、周囲の人々を不愉快な思いにさせる人がいます。自分の置かれている状況を恨んでも、近くにいる誰かに当たっても解決されません。ババ抜きのジョーカーのように誰かが引き取ってくれるわけでもありません。

 

自分の置かれている状況を誰かのせいにするのは、ある意味楽なことです。そこから抜け出そうと藻掻いて失敗しても、自分は悪くないと虚勢を張り続けることが出来るからです。

 

昨年亡くなった私の従姉は、母親の再婚相手と折り合いが悪く、高校卒業後に家を飛び出してからは自堕落な生活を送っていました。方々の親戚からお金の無心を繰り返す、その言い訳はいつも自分の母親でした。

lambamirstan.hatenablog.com

 

母親のせいで自分の人生が台無しになったのだからと、母親の姉妹にたかり続けました。その結果、親戚中の厄介者になるのは当然ですが、従姉はそれすらも母親のせいにしていました。うまく行かないことは全て母親のせいです。

 

もしかしたら、従姉は、心のどこかで、誰かが手を差し伸べてくれるのを待っていたのかもしれません。しかし、自分の境遇を恨むばかりで、乗り越えようと努力する姿勢すら見せない人間を助けようとする奇特な人は滅多に現れません。

 

記憶の奥のささくれは、きちんと手当しないと、ふとした拍子に鋭い痛みを発します。その手当は他人任せにすることは出来ないのです。

結婚の目的と打算

f:id:lambamirstan:20191026045002j:plain

親世代の生活水準

二十数年前に私が結婚した頃は、社内結婚が多く、また、女性は結婚すれば“寿退社”するものと決まっていました。以前の記事に書きましたが、妻は結婚しても仕事を続けるつもりで、当時の上司にも掛け合ったのですが、私が本社に異動となり、渋々退職することとなりました。

lambamirstan.hatenablog.com

 

今では、結婚しても仕事を続ける女性が多く、会社もむしろそれを望んでいます。妻は今でもたまに、結婚するのがあと5年先だったら会社を辞めずに済んだと言います。

 

社員の目線に立てば、働き方の柔軟性はここ数十年で格段に高まりました。産休・育休、時短勤務、介護休業 - 子育て世代や家族の介護が必要な社員にとっては、プライベートと仕事とを両立しやすい制度が拡充され、職場もワークライフバランスを念頭に置いた働き方を推奨するようになってきています。

 

性別に関わり無く、ライフスタイルに応じて働き方を選べ、仕事を続けられる環境が整っていれば、収入の見込みを立てやすくなります。また、生きがいや社会とのつながりを職場に求める人にとっては大きなメリットになります。

 

妻は、結婚後すぐに派遣登録して働き始めましたが、それは、生活費を稼ぐこと以上に、仕事をしてキャリアを積みたいと言う意欲があったからです。残念ながら、出産、子育て、そして私の駐在先への家族帯同によって、妻はキャリアアップを断念してしまいましたが、帰国後に仕事を見つけて働き始めたのは、家の外で自分のライフワークを見つけたいと言う意欲が残っていたからです。

 

現在、闘病中の妻ですが、彼女は、治療が終わって状況が許せば職場復帰したいと言う望みを持ち続けています。体調の問題もあり、それが実現可能かは分かりませんが、それが彼女の生きる原動力になるのなら、私なりに精一杯サポートしたいと思います。

 

妻のように家庭以外の場で生きがいを見出そうとする女性は今では珍しくないのでしょうが、他方、私たちより上の世代では、女性は結婚して専業主婦になるケースの方が多かったようです。

 

結婚当初の頃を思い返すと、社宅では、数十世帯ほどの中で夫婦共働きは私たちを含めて数えるほどしかいませんでした。周りは年上ばかりで、奥さんは専業主婦がほとんどだったため、妻は社宅の雰囲気に馴染めませんでした。

 

それはともかく、当時、専業主婦の世帯が多かったと言うことは、今と労働環境の違いがあるので一概に断定出来ませんが、バブルの余韻がまだ残っていた時代、シングルインカムでも生活に支障が無かったとも言えます。

 

そして、そのような世帯像は、私と同年代あるいは一つ下の世代までの両親の暮らしぶりに近いのではないかと思います。

 

そう考えると、夫婦共働きが主流になったのは、親世代の暮らしぶりと似たような生活レベルを維持するためと言うのも一因なのでしょう。

 

豊かな生活の犠牲

恵まれた環境で育った人ほど、両親の暮らしぶりが生活スタイルの手本になり、結婚後の目標となるのではないでしょうか。

 

自分が親にしてもらったように子どもの教育費にお金をかけ、親がそうしたようにローンを組んで家や車を買い、毎年の家族での海外旅行を楽しみに過ごす - そんな生活スタイルを思い浮かべて仕事に励んでいた人もたくさんいたはずです。

 

ところが、バブル崩壊後、軟調な給与水準が続いたため、“手本”どおりの生活を送ろうとすれば、家計が逼迫してしまいます。豊かな暮らしを実現するためにゆとりある生活が送れないなんて、悪い冗談でしかありません。

 

私の場合は、両親の暮らしぶりを反面教師として自分を律するために役立ちましたが、もし、私がお金に不自由しないまま就職したなら、収入に不釣り合いの、身の丈以上の生活を目指して、台所が火の車になっていたかもしれません。

 

かつて、夫婦共働きのダブルインカムは、ゆとりある生活の代名詞でしたが、今は、親世代の“普通の生活”を真似るための必要条件になってしまいました。

 

そして、そのような、“豊かな生活=お金のかかる生活”を送っている一世代上を見る若い人々は、結婚に夢を見出せなくなっているのではないかと考えます。住まいや子育て、レジャーに老後資金の問題。豊かさを演出するために汲々とするよりも、自分のペースで自分らしく生きる“気楽さ”を求めるのも不思議ではありません。

 

独り暮らしが充実していればいるほど、結婚することで予想される“獲得”と“喪失”を天秤にかけて、結婚が割に合わない行為だと考えるのではないでしょうか。費用対効果だけで考えれば、結婚は選択肢になりません。

 

結婚と打算

反対に、結婚の目的が生活の一層の充実化にある人は、求める相手が物理的な豊かさや精神的な安定を提供してくれることを期待します。そして、自分が相手に提供できるものに関しては無頓着な場合が往々にしてあります。

 

詰まるところ、私利の追求の果ての結婚や、結婚自体を目的化してしまうと、“好きな相手とずっと一緒にいたい”とか“愛する人と家族になりたい”といった純粋な気持ちを見失うことになります。

 

自分の掲げた条件にピッタリなのに、どこかしっくりこない。相手との価値観や考え方の微妙な溝に気づいても、周囲が勧めてくれるからと結婚して、結局後悔している人を私は知っています。

 

男を見る目には自信があると豪語していた私の後輩は、三か月足らずの交際でゴールインしたものの、二年も持たずに結婚生活を終えました。人生の重大な決断を誤った理由が、本人曰く、“こんな良い条件の相手は二度と現れない”と焦ってしまったからと言うのは、恋愛経験豊富と自慢していた彼女にしてはお粗末な話です。

 

結婚生活は、恋愛関係以上に相手を思いやる気持ちが無ければ続かないと思います。今後、共働きが当然になれば、結婚生活に関わるあらゆる負担は公平に受け持たなければならず、相手に期待するよりも、相手のために自分は何が出来るのかを考えられなければ、共同生活はいずれ破綻します。

 

結婚は決して人生の墓場ではありませんが、パラダイスでもありません。自分の欲の実現や老後の安全装置では無く、純粋に好きな相手と一緒にいたい気持ちの延長線上に結婚と言う選択肢があるのだと考えます。

心の危険信号

f:id:lambamirstan:20191026045002j:plain

分かりづらい異変

心と体をベストな状態に保つことは、大切だと分かっていても意外に難しいものです。振り返ってみると、私の20代から30代にかけては、心身ともに好調な時期はほとんどありませんでした。

 

残業や、時には徹夜で仕事を片付けるのが当たり前だった頃は、慢性的な寝不足でした。その上、仕事付き合いの酒席が重なれば、二日酔いのまま出社することも珍しくありません。すっきりしない頭を濃い目のコーヒー等で胡麻化しながら仕事を続けるわけですから、体に良いはずがありません。

 

週末は妻と遠出を楽しんだり、子どもが生まれた後は、家族で遊びに出掛けたりと気分転換を図っていましたが、以前記事に書いたように、その頃の私の記憶の中には、家族との楽しい思い出はほとんど残っていない状態でした。

lambamirstan.hatenablog.com

 

30代半ばで精神的に参ってしまって戦線離脱した後に復帰した職場では、それまでのような無茶はしなくなりましたが、社内の人間関係から来るストレスは、仕事の量をセーブしようと、睡眠時間を確保しようと、軽減されるはずも無く、何となく胃袋の中に鉄の重りが入っているような暗然とした気分の毎日を送っていました。

 

きっと、長期休養しなければならないほどの精神的なダメージを受けた人なら、その前兆が分かるようになると思います。私は復職した後に、何度か前兆を感じました。訳も無く焦燥感を覚えたり、周囲の情景が遠くのものに見えたり、人の話す言葉の意味が理解出来なくなったり - そんな時は躊躇なく会社を休んで何も考えない時間を作るようにしました。

 

今はもう、そのような前兆を感じることも無くなりましたが、それは、無駄な欲を捨てられたことや、自分こそが大事だと考えられるようになったことが大きいと思います。結局、自分が負ったものは自分に返ってきます。心と体の管理は自分の責任なのです。

 

心と体はどちらかが不調だと他方に影響を与えます。どちらも蔑ろには出来ないのですが、以前の私は、心の不調を正確に捉えることを知らず、その必要性を理解していませんでした。

 

何となく気分が乗らなくても、“気のせい”とか、“弛んでいる”と、怠惰な自分に活を入れて会社に向かう – そんなことが何度もありましたが、それが本当に自分の怠け癖のためなのか、心がSOSを発信しているのか考えもしませんでした。

 

私は最初に倒れるまで、不意に襲ってくる焦燥感に汗を垂らし、会議中の人の話が理解出来なくなった時、それを異変だと考えず、単に寝不足で頭が回らないからだろうと思い込んでいました。その頃は布団に入っても寝付けない日が続いていたので、睡眠障害と言う異変に気づいても良さそうなものでしたが、自己分析出来る余裕などありません。精神的な限界が訪れてダウンした後になって初めて、あれが前兆だったのだと知ったのです。

 

大切な自分

自分中心、家族中心に物事を考えられるようになってから、私の肩の荷はとても軽くなりました。心と体のバランスが取れているか、自分を客観視しセルフマネジメントが出来るようになると、心身からの危険信号に敏感になります。とは言うものの、日々の仕事に追われ、多忙を極めると自己管理が疎かになってしまいます。

 

もっとも、私は昨年、体調不良に悩まされましたが、それは、目の前の仕事を片付けることに意識を集中するあまり、まさに自己管理が疎かになったことが病気の予兆を見逃した原因でもあるので、まだまだ偉そうなことを言える立場ではありません。

 

肉体的な異変は、自覚症状が無くても、健康診断や人間ドックで見つかることがありますが、日常生活の中でも、熱が出たりおなかを壊したりと、体の変調は症状で気づくものです。肝心なことは、その変調が不摂生や不規則な生活によるものなのか、精神的なダメージによるものなのかを考えることです。

 

心にストレスがかかると体に異変が生じるのは、多くの人に当てはまるのではないかと思います。私の体に現れた症状は円形脱毛症でした。20代から30代にかけて、“10円ハゲ”が出来ては治りの繰り返しでしたが、40代から以降、症状は現れていません。これは、ストレスを溜めない生活を送れるようになったためと、自分なりに解釈しています。

 

私の場合は円形脱毛症でしたが、人によっては、吐き気や下痢、発疹など何らかの症状が体に現れ、それによって心の変調に気がつくことになるのだと思います。そして、その変調に気づいて早めに対処出来れば幸いだと考えます。

 

反対に、体に何の症状も現れなければ、心の不調を見逃してしまう危険があるのではないでしょうか。

 

20代の頃、私と同じ部署の先輩が、ある朝無断欠勤しました。前日までは普通に仕事をしていたので、理由が思い当たりません。まだ携帯電話が普及する前の時代。私や同僚は先輩が住んでいる単身寮の寮母さんや実家などに電話したものの居所が掴めませんでした。そして、夜になって、先輩が医療機関で保護されていることが分かりました。

 

先輩はその朝、寮からそれほど遠くない住宅街をパジャマ姿で徘徊しているところを通報され、警察に保護されたのですが、氏名や住所も言えない状態でした。

 

その後、先輩は病気休職の満了により退職となってしまったので、私の記憶には、普段からテンションがやや高い先輩の姿しか残っていません。傍から見て、先輩が心を病んでいるなど想像も出来ませんでした。もしかしたら、本人も、あの朝を迎えるまで、自分の心の危険信号を知らなかったのかもしれません。

 

今、私は無理しないよう自分に言い聞かせていますが、娘たちにも同じように言い聞かせています。周囲の期待に沿えないことを恥ずかしいと思う心理は多少なりとも誰もが持っています。言われたとおりに出来なかったら“恥ずかしい”。職場で期待どおりの成果を上げられなかったら“恥ずかしい”。そうやって自分の面目を保つために削り続ける心は、やがてポキンと折れてしまいます。

 

自分に出来ないことを「出来ない」と口にすることは勇気のいることですが、他人の評価と自分の心と体のどちらが大切かを考えれば、悩むような話では無いのです。