和尚さんの水飴

老後の前のハッピーアワー

寿司テロの痛々しさ

寿司テロ

外食チェーン店での客の迷惑行為が話題になっています。以前も似たような話があった記憶があります。今回の「寿司テロ」にせよ「バイトテロ」にせよ、その結果は、当の本人たちの軽はずみな考えに見合わない深刻なものになることは知らないはずもないのでしょうが、このような迷惑行為は、厳罰化や防止策の抜本的な見直しが行なわれない限り後を絶たないのだと思いました。

 

迷惑行為が、同席者の“ウケ”を狙ったものなのか、SNSでバズることが目的だったのかはさておき、食べ物を粗末に扱うことや、後から来る別の客のことを考えない行ないに弁解の余地はありません。

 

店側が被る被害の甚大さからすると、「寿司テロ」のキャッチーなネーミングは軽薄な気がします。恐らく、迷惑行為を仕出かした当の本人もほんの悪ふざけ程度にしか考えていなかったのだと思います。

 

そのニュースを見て、妻や娘たちは呆れかえっていましたが、私は、当の本人が自分の行為の結果に思いが至らなかったことに怒りや不快感以上の痛々しさを覚えました。

 

食事作法と感謝

私の両親は世代的に食事作法にとてもうるさかったのですが、今思い返すと、至極当然のことしか言っていませんでした。正しく箸を持つこと、肘をついて食べないこと、音を立てて食べないこと、等々 - 幼い頃の私は、食事作法を知らないと自分が恥ずかしい思いをするのだと思っていました。しかし、後になって、それは自分が恥をかかないためと言うよりは、周りの人々を不快にさせないためのマナーなのだと考えるようになりました。

 

また、私は両親から食べ物に感謝することも教え込まれました。食材を育ててくれた人や食事を作ってくれた人への感謝もさることながら、命を頂くことへの感謝、安心して食事を口に出来ることへの感謝 – そのようなことを繰り返し教わりました。特に、戦中に少年時代を迎えた父は、そんな話の最後には、いつでも食事にありつけることを当たり前だと思うなと私に言い聞かせたものでした。

 

自分が口にするものに対する有難みを感じているなら、決してそのようなことはしないだろうと思います。娘から「迷惑行為」の映像を見せられた時に私が感じた“痛々しさ”。それは、本人の周りに、食べ物を「頂く」大切さを教えてくれる大人がいなかったことへの憐れみに似た気持ちでした。

金づる候補

金づる候補

私の父は六人兄弟姉妹の長子でしたが、叔父叔母たちは、父の事業が傾き始めた途端に疎遠になり、私自身も父方の親類との付き合いはありません。

 

先週、叔母の一人から私に電話がありました。もう会うこともないだろうと思っていた人の一人でした。携帯電話の番号は母から聞いたのだと言います。二十年以上も音沙汰の無かった叔母からの連絡に、私は嫌な予感を覚えました。

 

叔母は母よりも上の年代なので、もうすぐ九十歳に手が届くはずですが、声の調子は高齢者とは思えない張りがありました。長い間音信不通だったことを忘れたかのような馴れ馴れしい口調に、私は不快感を覚えながら適当に相槌を打っていました。

 

他の兄弟姉妹が大分前に相次いで亡くなったこと、叔母はこの歳まで独身を貫き身寄りの無いこと – そんな当たり障りの無い話が続きました。

 

電話があったのは休日だったので、何か用事があるわけではありませんでしたが、なかなか本題に入らない叔母の話に苛立ち、私は用件を尋ねました。

 

「厚かましいことは分かっているのだけれど」 - 叔母のそんな前置きの言葉で、お金の話であることは察しがつきました。

 

条件の良い老人ホームが見つかったものの、今住んでいるマンションを売っただけでは入居のための一時金を工面出来ない。不足分を援助してもらえないか – たしかに厚かましい依頼であることは間違いありません。こちらが今どのような生活送っているのか、金銭的な余裕があるのか否か。叔母はそんなことを気にする様子もなく、自分の都合だけで私に連絡して来たのでした。

 

叔母も含め、兄弟姉妹たちは、父の羽振りが良い頃は頻繁に家に出入りしていました。生前の父からは、自分の弟や妹に資金的な援助を惜しまなかったことを聞いていました。その父は、今はもういません。だからと言って、息子の私が父同様に金づるになるなど、普通に考えればそんな都合の良い話はありません。

 

長らく付き合いの無かった叔母が私に連絡してくるのは、藁をも掴む思いからだったのか、あるいは、「あわよくば」と考えたからなのかは知りません。

 

拒絶

そんなことをつらつらと考えている間に、叔母は私が支援する前提でいくらまでなら出せるのかと言い始めたので、私は一切お金の援助はしないと伝えました。

 

叔母の年齢からしても、余生があと十数年もあるわけではありません。穏やかな晩年を過ごしたいと思うのも当然です。ただし、それは、自分の身の丈にあった範囲内での話です。

 

血のつながりがあるとは言え、他人同然の私に無心してまで自己の願いを叶えようとするのは、あまりにも虫の良い話です。私は慇懃に、しかしきっぱりと叔母にそのことを伝えて電話を切りました。

 

個人的な希望を叶えるために誰彼構わず無心しているのだとすれば、叔母のしていることは、自分で何の努力もせずに、安直にクラウドファンディングで資金調達を試みるのと変わりありません。それは、亡き父が自分の弟妹に簡単に救いの手を差し伸べて来た甘さが原因の一端なのだと思います。もっとも、叔母にとっては私が身内かどうかなどどうでもいいことなのかもしれません。

親の領域、子どもの領域

菓子折り

今までもブログの記事を書く時には、その場で頭に受かんだことを書き留める感じでしたが、それにしても、最近の私の思考は自分でも取り止めのないものだと思っています。

 

先日、義母と妻の話の記事で娘のランドセルのことに触れました。そのランドセルでもう一つ思い出したことがありました。

 

娘がまだ低学年だった頃、同級生の男の子にランドセルを傷つけられることがありました。妻に言われて見てみると、確かにランドセルの背の部分に引っかき傷のようなものがありました。担任の先生との間の「連絡ノート」には、同級生が文房具で悪戯をして娘のランドセルに傷をつけたことと、先生がその場で当の本人に厳重に注意をして、娘にも謝らせたことが書かれていました。

 

家にあった革製品用のオイルでランドセルを擦ってみると傷はほとんど目立たなくなりました。もっとも、ランドセルも毎日使っていれば傷の一つや二つつきます。その最初の傷がたまたま悪戯でついたものだっただけの話です。

 

その話は、それで終わり – のはずだったのですが、翌日(日曜日)のお昼前に、件の男の子のご両親が我が家を訪れました。妻と娘たちは外出中だったため、私が対応することとなりました。

 

狭い社宅だったので上がってもらうわけにもいかず、玄関先での対応になってしまいましたが、この程度のことで親が頭を下げに来ることを想定していなかったので、私は戸惑ってしまいました。

 

私は子どものしたことなので気にしないよう言いながらも、先方が持ってきた菓子折りをしっかりと頂いてしまい、そのことを帰宅した妻に咎められました。

 

親の領域、子どもの領域

拭けば消える程度の傷で、お菓子付きの謝罪とは大袈裟なことだと私は思いましたが、妻曰く、「最近はそうもいかないのよ」とのこと。私にはいつ、妻の言う“最近”が始まったのか分からぬまま、それ以上深入りはしませんでした。

 

私が小学生の頃は、クラスメイトと喧嘩をして怪我をしても、親の出番はありませんでした。余程のことが無ければ、親が子ども同士のことに首を突っ込むことはありませんでした。子どもの領域と大人の領域を分ける“線”がはっきりしていたのだと思います。

 

それを思うと、子どもの領域に親の領域が染み出してくるのを奇異に感じた私の方が、最近の風潮から外れた、常識知らずになっていたと言うことなのかもしれません。

 

その“最近”もすでに二十年近く昔のこと。今の学校の様子はどんなものなのか関心はありますが、知らない方が良いのかも知れないと私は思うのでした。