和尚さんの水飴

老後の前のハッピーアワー

会社の向かう先

 

今年度から導入された新人事制度と組織改革。“課”を構成する必要最小人数が定められたため、それを下回る課は統合され、それまで課長だった者は“自動的に”一般社員に降格となります。全社でどれほどの降格者が出たのかは分かりません。いずれにせよ、管理職のポストは減り、新たに管理職となるための登用試験の門はさらに狭まることになるのでしょう。

導入前から、途中経過も含めて繰り返し行われてきた制度概要の説明会は、お世辞にも評判の良いものではなく、批判的な意見も多々出されていましたが、会社はなし崩し的に新人事制度の導入を決めてしまいました。

“メリハリのある評価制度”、“社員のエンゲージメントの高揚”、“変化に柔軟に対応できる組織作り” ― お題目は十年前から、いや、もっと前から大して代わり映えしません。

そもそも、「社員の声を広く取り入れた」と自画自賛している新制度自体、その議論のプロセスには社員は深く関与できませんでした。声は拾い上げても聞き置かれるだけで反映されることはありませんでした。批判的な意見に対する会社の回答もうやむやでした。

社員は ― 特に若い人々は会社のやっていることをよく見ています。経営陣が考えているほど、うぶな若者は多くありません。それは昔も今も変わらないと思いますが、昔と違うところは、今の若い人々は上の人間に対して強く抗議したり、食って掛かったりするようなことはあまりしなくなりました。代わりに、とてもスマートに、水面に波紋を立てることなく静かに去って行きます。

プレイイングマネージャーでなければ管理職が務まらないようになったのは、もうだいぶ前の話です。組織改編で管理業務が劇的に減るとは思えず、これからは、管理職一歩手前の、しかも会社の事情で管理職に昇格させられない世代がマネージングプレイヤーとして管理職の肩代わりをせざるを得ない職場になるのではないかと危惧しています。

会社はどこに向かおうとしているのか。私にそれを見届ける時間はもうありません。