和尚さんの水飴

老後の前のハッピーアワー

義母と妻

蟠り

この春に就職を控える下の娘から、配属先によっては独り暮らしになるかもしれないと聞かされました。まだ確定ではないものの、心配性の妻にとっては大きな不安の種になりました。

 

娘たちはいつか巣立っていくもの ‐ 心の準備は出来ていたはずなのに、いざそれが現実味を帯びてきて、妻は再び自分の本心と親としてのあるべき姿の間で煩悶しています。

 

私が会社に入って妻と知り合った頃、すでに彼女は親元を離れて独り暮らしをしていました。勤務先は実家から通える距離でしたが、妻は母親の過干渉や束縛から逃れたかったのです。

 

妻と私の結婚に最後まで反対したのは義母でした。一番大きな理由は、私が“転勤商売の男”だったところにあったようですが、後にして思えば、義兄や義姉も実家から離れ、末っ子である妻まで自分の元から離れようとしていることに、義母は深い淋しさを感じていたのだと思います。

 

結婚後、毎年のお盆には気乗りしない妻を連れて義父母の元を訪れましたが、私の目から見ると、義兄も義姉も自分の母親の話を適当にあしらっているようで、気がつくと私が義母の話の聞き役になっていました。

 

実の子どもなら、たまに実家に帰って来た時くらい親に優しくても良いのでは、と私は少々不快に感じたものでしたが、それは、私にとって義母は所詮他人で、実の親子の間の蟠りを知らないからこそ、優しく接する“振り”が出来ていたのかもしれません。

 

義母と妻

妻と義母の関係は、上の娘の誕生を機に表面上は改善されました。それでも、妻から実家に電話をかけることは無く、義母からかかって来る電話の話相手をするのは決まって私でした。

 

そんな微妙な親子関係が再び悪い方向に傾きかけたのは、上の娘が小学校に上がる年でした。

 

私が子どもの頃は、男の子は黒、女の子は赤が定番のランドセルも、すでにそんな時代ではなくなっていました。妻も私も、近いうちに娘と一緒にランドセルを買いに行くことにしていました。ランドセルの色は娘に選ばせよう - 口には出しませんでしたが、お互いにそのつもりでした。

 

その矢先に妻の実家から荷物が届きました。赤いランドセルでした。それを見た途端、妻の口から大きなため息が漏れました。私は怒りに震える妻にかける言葉を探していました。

 

あの時、母親からの過干渉や押し付けが自分の子にまで及ぶことに、妻の嫌悪感が爆発したのだと思います。自分の子どものランドセルの色まで親に決められてしまうのか – 妻がそんなことまで考えたのかは定かではありません。しかし、義母の、“良かれ”と思ってしたことが裏目に出たのは間違いありませんでした。

 

私は、怒りに任せて実家に電話をしようとする妻を宥めました。その脇では、娘が事態の飲み込めずに心配そうに様子を見ています。娘からしてみれば、“おばあちゃんからの入学祝い”で、なぜ母親が怒り出したのか理解出来ません。

 

年端も行かない娘が、どれだけその場の空気を読めたのかは分かりませんが、娘は赤いランドセルをとても気に入った様子でした。

 

私はそれを見て、義母からの贈り物を有難く頂こうと妻を説得しました。義母の頭には、私たち親子の喜ぶ姿が浮かんでいたことでしょう。その行為が独りよがりだったとしても、私は、“あの”義母が見せてくれた気遣いを受け止めたいと思いました。

 

妻はランドセルの一件を忘れてしまったかもしれません。あるいは、思い出したくもない記憶として封印しているかもしれません。

 

ただ、時たま妻が娘たちの服装や髪型に口出しして、娘たちがそれを煙たがっている場面に遭遇すると、私の目には、妻と義母がどうしても重なって見えてしまいます。