元気な証拠

f:id:lambamirstan:20191026045002j:plain

リハビリ月間

妻は、3月終わりに左乳房摘出の手術を受けて以来、週1回病院に通っています。病理検査の結果、今後の治療方針が決まるそうですが、それまでの間は、抗がん剤の投与もストップしているため、体調が良いようです。

 

元来、じっとしていられない性格の妻ですが、時節柄、方々に出かけることは好ましくないため、日々の散歩タイムが妻にとって数少ない楽しみになりました。退院後からこれまで、雨の日を除き朝夕の30分程度を散歩の時間にしました。飽きないように、私がグーグルマップを見ながらコースを決めます。思えば、一年前の今頃も、ほぼ毎日家族でウォーキングをしていたので、その習慣が戻ってきたようなものです。もっとも今は妻の歩調に合わせた、文字通りの散歩です。

 

妻は通院の時以外、半年近く家から出ていなかったので、足腰の筋力が著しく低下していました。散歩を始めた当初は、片道10分強の最寄り駅までたどり着くのがやっとの様子でした。帰り道は肩で息をしながら、行きの倍以上の時間をかけてゆっくり歩きました。それが今では、歩ける距離も伸び、速さも上がってきました。

 

妻の元気な証拠

体が動かせるようになっても、散歩と左腕のリハビリ以外にやることもないので、妻は時間を持て余していました。とは言え、左手がまだ上手く使えないため家事は任せられません。こちらが、じっとしているように言うと、邪魔者扱いしていると拗ねる始末。そこで私は、これまで半年余り私がつけてきた家計簿の点検を妻に頼みました。これで、しばらくは大人しくなるだろうと考えていたのですが、早速妻から食費が予算オーバーとの指摘がありました。

 

妻の闘病開始以来、料理や食材の買い出しは私と娘たちが交代で行なうようになっていました。買い出しは週2回、3日~4日分の献立を考えて必要な食材を買うようにしていましたが、元気になった妻から、特売日に合わせて買い物をすること、安い材料を買うこと、冷蔵庫の中にあるもので献立を考えることを念押しされました。

 

毎日の献立を考えて、それに必要な食材を買うとなると、割高な買い物になると言うのが妻の考えでした。基本は、冷蔵庫の中にあるもので料理を考えること。手元にあるものでマンネリにならないように献立を組み立てるのが、本当の料理上手 – と言うのが妻の持論です。

 

確かに、食費が嵩んでいたのも、作りたい料理有りきの買い物を続けていたからなので、私も娘たちも妻に反論できませんでした(娘たちのおやつが増えているとの指摘もありました)。

 

「だから、あなたたちには買い物を任せられないのよ」とため息交じりの顔は、闘病前の妻のそれでした。退院後も、妻には人混みは避けるように言っており、スーパーなどへの買い物も私と娘が引き続き担当していましたが、この週末は、妻がどうしても買い物に行きたいと言って聞きませんでした。そこで、止む無く、開店直後の比較的空いている時間帯に妻をつれてスーパーを訪れました。

 

久しぶりの買い物を楽しむ妻を見て、体調が良い間は、できるだけ外に連れ出そうと思いました。もちろん、感染予防は気を抜くことは出来ませんが、普段通りの生活を送れる環境を整えようと考えています。

 

買い物の結果は、3日~4日分の食材を買いましたが、私や娘だけでの買い物に比べて格段に安く済んでいることが分かりました。

 

キッチンに立つ時間が増えるに伴い、私の料理熱は高まりました。料理関連の本の冊数とともに楽しみも増えた気がしました。老後のひととき、そば打ちや手の込んだ料理に没頭するのも悪くないと思っています。

 

そんな私の心が読めたのでしょうか、妻がポツリと言いました。「家でそば打ちの勉強をするより、美味しいおそば屋さんに連れて行ってくれた方が、家族に感謝されるわよ」。

 

財布のひもが締まり、憎まれ口を叩くようになるのは妻が元気になった証拠です。