感謝する喜び (1)

f:id:lambamirstan:20191026045002j:plain

畳コーナー

家のリビングの片隅に3畳ほどの畳コーナーがあります。和室は要らないけれど、フローリングだけでは味気無く、ほんの少しだけ畳を敷いたスペースが欲しい。家を建てる際に妻のそんな要望を形にしたのが畳コーナーでした。

 

つい半年前まで、私はそこで胡坐をかいて新聞を読んだり、ゴロゴロしたり。妻は裁縫をしたり、洗濯物を畳んだりと、お気に入りのスペースとして使っていました。

 

今、日中は畳コーナーには布団が敷かれ、妻が横になっています。寝室に独りでいるよりも、リビングにいれば、家族の目も届きます。また、洗面所への動線の便も良く、外の風景に目をやったりテレビを見たり気分転換できるので、妻にとっても都合が良いのです。

 

妻はこの数か月、抗がん剤治療を受けてきました。3週間に1度、病院で抗がん剤の投与を受けると、その後2週間くらいは倦怠感や発熱など薬の副作用が現れます。妻が辛そうにしていても、私には体をさすってあげることくらいしかできませんが、次の投与までの1週間は比較的副作用も収まるので、家の周りを散歩したり、好きな映画のDVDを見たりと一緒にいられる時間を楽しむことが出来ます。

 

体調の良い時の妻は、以前の話好きに戻ります。そんな時は、平日の勤務時間中でも、会議や打ち合わせが無い限り、私は妻の傍で仕事をするようにしています。妻との会話を楽しみながら、膝の上に乗せたラップトップで資料に目を通したりしていると、何でもない時間ですら、とても愛おしく思えるようになりました。

 

コロナ禍での抑圧された生活や妻の病気で、“順風満帆”とは言えなくなってしまった我が家ですが、逆にそのようなことが起きなければ、これほどまでに家族の結束は得られなかったかもしれないと思うと、悪いことばかりではありませんでした。むしろ、この一年の間の様々な出来事が、私を本来あるべき立ち位置に連れ戻してくれ、娘たちを一回り大きく成長させてくれた気がするのです。

 

主夫への道

在宅勤務は通勤時間が無くなる分、自分の時間が増えることになります。しかし現実は、仕事とプライベートの切り替えが難しく、日によっては、終業時間後もずるずると仕事をする羽目になることもありました。それでも、家にいれば、何かあったらすぐに対応できるので、通勤するよりもはるかに気分が楽なことは確かです。

 

元々週末は家事一切を引き受けていた私でしたが、在宅勤務が主流になってからは、家事を行なう比率が高まりました。

 

娘たち二人も、これまで以上に家事を分担すると言ってくれました。しかし、彼女たちはまだ社会人1年目と大学2年生。それぞれの時間を謳歌してもらいたい。そんな親の勝手な思いから、娘たちには私の手の行き届かないところを手伝ってもらう程度にしようと考えていました。

 

ところが、娘たちもそれでは気が収まらなかったのでしょう。自分たちの休みや空いている時間は、進んで炊事や掃除をしてくれるようになりました。なぜか、自分たちの部屋の整理整頓も行き届くようになりました。これまで口が酸っぱくなるほど部屋を片付けるように言っていたのが嘘のようです。結局は親が小言を何度となく繰り返すよりも、そういう状況が来れば、子どもは自ずと行動を起こすのだと知りました。

 

妻や娘たちは、私が虚勢を張っているだけなのではないかと訝っているのですが、家事をしている時の私の気分は不思議と晴々しています。心の落ち着きは自分でも分かります。自然に家事に取り組んでいるのは、止むを得ずとか義務感に駆られてと言うことでは無く、大切なものを守っていきたいと言う自分の本心の表われなのでしょう。そう私は理解しています。当初、私も “兼業主夫”が務まるか内心は不安でしたが、この半年間を振り返ってみると、仕事と主夫業の両立を案外楽しんでいる自分がいました。

 

学生時代から自活していた私にとっては、家事を行なうこと自体何の抵抗もありませんでしたが、改めて感じたのは、仕事よりも主夫業の方が自分には向いているのではないかと言うことです。家事はその気になれば、かなりの手抜きが出来る反面、拘ろうと思えばトコトン追求できる – そんな奥深さがあります。しかも、100%自分の裁量で取り仕切れるのです。そんな自由を会社人生で味わったことはありませんでした。そう考えると、主夫の道を究めるのも悪いものではありません。

 

心のゆとり

会社の勤務時間は出社であれ在宅であれ、1日7時間半なので、その間は仕事に拘束されることになります。しかし、今、自分の中で仕事とプライベートのウェイトは1対9くらいになっています。決して仕事の手を抜くわけではありませんが、オンとオフの切り替えをしっかり行なって、プライベートな時間は家族のことだけを考えられるようになりました。

 

家族のことに専念できるゆとりが生まれたことで、私はこれまでになく精神的に安定している時期を迎えています。ここに至るまでとても長い遠回りをしてきましたが、心の中で何かがカチッと収まった感覚を味わっています。(続く)